2019年1月普段稽古

初稽古めでたい道具と皆のかお

初稽古は、南山寿、小袋棚、茶入が富貴長命(仕服)、茶器が宝尽くし、茶杓は無事。
花は別邸の梅がありました。
e0304394_17522384.jpg
e0304394_17515944.jpg
e0304394_17521157.jpg
e0304394_17595419.jpg

[PR]
# by kinocha2012 | 2019-01-09 18:01 | 茶道具 | Comments(0)

2019年正月家族初釜

正月、二日、家族の初釜です。道具はこれからの稽古と同じです。
菓子は、御殿場で買った虎屋の羊羹、蜂の家のまゆ最中など用意しましたが、年末に帰ってきた息子土産の「ういろ」にしました。
e0304394_20124409.jpg
軸は宗完宗匠の「南山寿」、花は玄関に飾られていた水仙を借りました。
e0304394_20121932.jpg
小袋棚です。座り火箸と、水指の半出し。手前のスタートが面倒ですね。

茶碗を持ち出し、中央に座り、火箸を取り出し左側に置く → 右棚正面ににじり、けんどんを開け水指を半出し → 中央に戻り、茶器を下し茶碗を並べる → 建水を下し、蓋置を手に外角に回り、蓋置を所定の位置に置き礼 ・・・こんなですね。

抹茶をはいた後に水指の蓋を開けますが、右・左・右の三手扱いになります。置きたい場所のすぐ前に茶器と茶筅があって、左手では置き辛いことがわかります。

宝尽くしの大棗、建水は銅の打出し。
e0304394_20123057.jpg


[PR]
# by kinocha2012 | 2019-01-02 20:16 | 茶道具 | Comments(0)

2018年12月夕稽古

稽古納めの日になりました。Kさんの習事の免状が届いたので、組合点をやりました。
道具は12日と同じ江岑棚です。
e0304394_18281745.jpg
花も前回12日と同じですが、水木の照葉を長くしました。
e0304394_18291459.jpg
e0304394_20563814.jpg



[PR]
# by kinocha2012 | 2018-12-16 18:30 | 茶道具 | Comments(0)

2018年12月普段稽古

急に真冬になりました。朝が寒いです。
軸は年納めなので「無事」です。Yさんにご持参いただきました。
花は八重の小さな椿と日向瑞樹の照葉です。
e0304394_20532373.jpg
e0304394_20533996.jpg
釜を敬典さんの真形釜、大きなものに替えました。
棚は江岑棚、引き出しの扱いです。
e0304394_20562312.jpg
e0304394_20563814.jpg

[PR]
# by kinocha2012 | 2018-12-12 20:57 | 茶道具 | Comments(0)

初冬の箱根一泊旅行

平成30125日、8時過ぎに出発、東名で御殿場へ。ICを出てすぐの秩父宮記念公園へは1時間半程で着いた。昨夜の強風雨で残った紅葉のほとんどが落ちてしまったらしいが、なかなか良い公園でした。人が少ないせいもありますね。

e0304394_21062533.jpg
e0304394_21064654.jpg
e0304394_21070688.jpg
e0304394_21072390.jpg
e0304394_21074303.jpg
e0304394_21080043.jpg

次に向かったのが直ぐそばにある東山旧岸邸と隣接の虎屋工房。旧岸邸は1969年竣工で、岸信介総理大臣の引退後の別邸で、吉田五十八設計の近代数寄屋建築。かなり凝った建築で、1Fは多人数の来客接待が可能なスペースで、2Fは見学不可だが純プライベートスペースらしい。残念ながら2Fは3日後から10日間の特別公開だった。

e0304394_21084998.jpg
e0304394_21090624.jpg
e0304394_21092269.jpg
e0304394_21093922.jpg
e0304394_21100299.jpg
e0304394_21103251.jpg
e0304394_21105696.jpg
e0304394_21113068.jpg
e0304394_21115805.jpg


簀子の水皿が段違いになっているが、五十八の設計との事、この方が良い理由が想像できないが。八畳の和室(茶室)と応接、ダイニングからの庭景色は見事。ダイニングのガラス戸は、雨戸・網戸・ガラス戸・障子戸の4重構造の特注品。

e0304394_21124452.jpg
e0304394_21131303.jpg
e0304394_21133511.jpg
e0304394_21135714.jpg
e0304394_21141333.jpg
e0304394_21144082.jpg
e0304394_21145844.jpg
e0304394_21151595.jpg

虎屋工房はここだけのお菓子や軽食スペースのある場所で、庭も広い。旧岸邸も虎屋が管理している。庭の紅葉は昨夜の風で敷き紅葉の絨毯に。ここもシーズンに当たると長蛇の列になるので、注文レジに10人待ちの今回は「善きかな!」と思いましょう。虎屋工房でランチの麦とろご飯を食べ、庭を一して駐車場に戻った。

e0304394_21172572.jpg
e0304394_21175752.jpg
e0304394_21181460.jpg

午後は御殿場から乙女峠経由ドライブで仙石原へ。前々から写真を撮りたかった仙石原ススキ原に来ました。箱根ラスクの店「グランリビエール」で土産を買い、車を止めさせてもらってススキ原へ急ぎ歩いた。ここは紅葉と違って、まだ美しい広がりを見せてくれた。

e0304394_21185751.jpg
e0304394_21191568.jpg

次は近くの箱根ガラスの森美術館へ。65歳以上100円引きでも1400円という高めの入場料でした。印象はディズニーランド一角「ガラスの国」の様で、ライドアトラクションはありませんが、レストランや庭の装飾も写真映えしそうでかなり楽しめました。最後に寄った美術館にしても、それなりのコレクションを展示していたし、ショップの品物も良いし、そんなことで外人客が大勢立ち寄っているのでしょうね。

e0304394_21201203.jpg
e0304394_21203379.jpg
e0304394_21213043.jpg
e0304394_21215212.jpg

まだ早いが行くとこがないので宿のある強羅に向かった。途中、ネットで現在展示替えの休館中である事を知っていたポーラ美術館を見て(場所の確認)から強羅の宿へ。14:35到着、チェックインは15時なのでロビーで時間つぶし。部屋に入った後、すぐに温泉風呂に入り体を伸ばした。夕飯は焼酎2杯で完全に酔いが回ってしまった。


6日は9:30出発、箱根駅伝ルートで芦ノ湖へ。天気予報は雨だが、傘を差さなくて良い曇りで留まってくれていた。成川美術館はパスし、立ち寄ったのは箱根関所。2007年に建物、石組に至るまで昔のままの姿に「完全復元」されたらしい。関所資料館裏から見る芦ノ湖越の富士山が見事のはず(当日は雨曇りで全く見えなかった)。

e0304394_21225453.jpg
e0304394_21231138.jpg
e0304394_21232840.jpg
e0304394_21234761.jpg
e0304394_21240509.jpg

湯本天成園・玉簾の瀧に寄るつもりだったが、ナビに従って走ったところ、箱根新道経由で小田原にやってきたので、そのまま風祭にある「鈴廣かまぼこの里」まで来て土産を買いこんだ。ここの食事処「千世倭樓(ちょうわろう)」の庭でようやく綺麗な紅葉に出会えた。

e0304394_21244698.jpg
e0304394_21250630.jpg
e0304394_21252620.jpg
e0304394_21254724.jpg
e0304394_21260602.jpg
e0304394_21262599.jpg

まだ早いけど、小田原厚木道路経由で帰路、14:30到着。鈴廣風祭店限定の「金目鯛の炙りめし弁当」の遅い昼食でした。

e0304394_21264595.jpg



[PR]
# by kinocha2012 | 2018-12-06 21:02 | 旅行 | Comments(0)